政府は3月13日(金)、新型コロナウイルス感染症拡大を受け、主要経済団体8団体に対して、2019年度卒業予定者への内定取り消しを回避するため、最大限の経営努力を行うよう要請した。さらに、やむを得ない事情により採用内定の取消しまたは採用・入職時期の延期を行う場合には、対象者の就職先の確保について最大限の努力を行うとともに、対象者からの補償等の要求には誠意を持って対応することも求めた。

キャリアカウンセラーとして、一方で企業の人材育成をサポートする立場として、今般の事態に大きく心を痛める日々が続いております。一日も早い収束と内定取り消しが現実に起きないことを祈っております。
株式会社ヒューマン・ブレンディ

<引用>
内閣官房「新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動及び2019年度卒業・修了予定等の内定者への特段の配慮に関する要請について」